長期的かつ高額な返済が必要なカードローンはどこが有利?

カードローンの金利はおおよそ3パーセントから18パーセントの範囲に収まってるケースが多いのですが、そのサービスを扱う業者のタイプによって若干の差があります。

つまり大手を始めとした消費者金融系のカードローンが5パーセントから18パーセントと金利が若干高いのに比べ、銀行系のカードローンでは最大でも14、5パーセントまでで抑えられているケースが多いのです。

キャッシングと大して借入限度額の差が無い様な比較的少額の借入れをする場合、無利息期間内で完済も十分可能であるケースも多く、強く意識する必要も無いのですが、これも長期間・複数回に渡る返済が必要となる高額借入れの場合、これら金利の差は馬鹿にならなくなってくるものです。

もちろん高額借入れ・長期返済の場合はなるべく金利が低いカードローンを選んだ方が有利に違い無く、当然金利が低めに抑えられている銀行系のカードローンの方が若干有利という場面は増えるでしょう。

その分銀行系の場合、少々厳し目の審査に加え新規の口座開設やキャッシュカードの作成といった事前の手間暇が生じてきますが、その後の利便性を考えるのであれば、早めに行っておいて損は無い作業に違いありません。

ちょっとした出費の不足分を補うなら多少金利は高くともキャッシング、纏まった出費で長期返済が必須であれば銀行系をメインとしたカードローンと、目的に応じた最適な利用を考えたいものですね。